AOAC NIPPON, General Incorporated Association

AOAC日本セミナー2019 企画1 今必要な迅速試験法とその開発戦略

  • HOME »
  • AOAC日本セミナー2019 企画1 今必要な迅速試験法とその開発戦略

AOAC日本セミナー2019 企画1 今必要な迅速試験法とその開発戦略

概要:
 国際的な食品安全管理システムであるHACCPは、昨年、食品衛生法が改正され制度化が決まりました。2020年6月に施行されることから、HACCPの普及が急がれています。
HACCPは日常的には重要管理点(CCP)のパラメータをモニタリングすることで出荷の可否を判断します。HACCPプランを作成する際、管理基準やモニタリング方法の妥当性を、各種の測定や試験検査を行って、確認しておくことが求められます。また、HACCPプランに記載しておく検証活動には、定期的あるいは必要に応じて試験検査が含まれます。そのため、こうした試験検査を、できるだけ迅速に行いたいという食品産業界のニーズが高まっています。
しかし、適切な妥当性確認がなされ、ユーザーフレンドリーな迅速試験法の開発は容易ではありません。一方、国際的には迅速試験法の認証制度がすでに運用されています。
せっかく開発を行うならば、世界に通用する製品を開発していただきたいと我々、AOAC日本は考えています。そこで本セミナーでは、HACCPと迅速試験法の関係を解説し、国際的に通用する迅速試験法の設計・開発のプロセスを紹介します。

お申込みは こちら

受講をお勧め
する対象
・迅速試験法を開発中の企業
・開発した製品を販売促進中の企業
・これから開発したいと考えている企業
・開発に関わっている試験機関
・迅速試験法を採用したい・採用している食品企業・公的機関
日程 2019年11月12日(火)10:00~17:00(受付9:30より)
会場 大橋会館:東京都目黒区東山3-7-11
(東急田園都市線、池尻大橋より徒歩3分)
内容 (敬称略)講師は変更になる場合があります。
 講義1 HACCPシステムと迅速試験法へのニーズ
     荒木惠美子(日本食品衛生協会)
 講義2 迅速試験法開発のプロセス
     布藤 聡(ファスマック)
 講義3 迅速試験法の開発例とその品質管理・品質保証
     守山隆敏(スリーエム ジャパン)
 講義4 迅速試験法の認証制度
     森田 裕(森田科学コンサルティング事務所)
募集人数 40名
受講料 AOACIジャパンセクション会員 20,000円
AOAC日本賛助会員(2名迄)お一人 20,000円
非会員 30,000円
受付期間 9月5日(木)~10月25日(金)
(ただし、定員になり次第、締め切らせていただきます。)
お申込みは こちら
お問合せ 一般社団法人AOAC日本
e-mail:aoac-nippon@aoacijs.org
(メール送付の際は@を半角にして下さい。)

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人AOAC日本 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.